■プロフィール

えどまえ

Author:えどまえ
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

危機管理

rompoさんから里親様の元へ行った

朱雀(すざく)ちゃんが迷子になっています。


1.jpg
12.jpg

13.jpg
14.jpg



朱雀ちゃん2





保護猫を里親様へお届けした時に
譲渡について説明をします。



その時に脱走防止についても説明とお願いをします。
人間が出入りする扉はもちろん、換気用の窓も開けるなら対策をお願いします。





①ベランダに洗濯物は干しますか?
洗濯物を干す時は猫をケージに入れるか、別の部屋に移動させてください。

 ⇒足元をすり抜けて外へでます。




②リビングと玄関ドアの間にもう1枚ドアがあれば
 外出や来客の時は閉めてリビングから出ないようにしてください。

 ⇒玄関ドアから外へでます。



③網戸をきちんと閉めているから。
 網戸は抑制にはなりません。

⇒網戸は破って外へでます。






猫との生活が初めての里親様は
「こんなところもですか?」
と指摘箇所に驚かれます。



猫と生活した経験のある里親様は
「でも以前の猫は大丈夫でしたけど」



猫の身体能力をあなどってはいけません。



皆さまご理解くださって対策をとってくれます。



・・・でも、人間の緊張感って長続きしないのです。



猫を譲渡してから
1か月、3か月、1年・・・・
経つと慣れが発生します。



「ウチの子は網戸は破かない」
「ウチの子は外へ出たがらない」
「ウチの子はおりこうだから出ない」



本当に怖いのはそんな時です。



今までが出なかったから
これからも出ないということはあり得ません。




15.jpg
16.jpg

17.jpg
18.jpg




人間のほんのちょっとした油断から
猫は外に出てしまいます。


「ウチの子に限って・・・・」は通用しません。


私は里親様へ必ず申し上げることがあります。



脱走は猫も人間も不幸でしかないです。



ウチの子がかわいいと思うなら
危機管理意識を忘れないでください。



猫を守れるのはご家族様だけです。










4月2日(日)
rompoさんの朱雀ちゃん捜索のお手伝いに行きました。



高速ノンストップで約1時間走り、お昼過ぎに到着。



ポスティングは里親さんがやってくださったので
rompoさんは戸建てを、
私は犬のおさんぽをしている人や庭で車の清掃している人に
チラシを渡して

「迷子の猫を探しています!!!!」

と直接お願い。





どこかに隠れているんじゃないかと思って
猫目線で家の下をのぞき込む、怪しいおばちゃん。





万が一にも途中で会えないかという
淡い期待は実らず





夕方にはpoodlepootaさん(肉球家族)さんも合流して
再度脱走経路を推測確認。



17040203.jpg
17040204.jpg
里親さん宅の裏に捕獲器をセットして
こまめな確認をお願いして帰路に着きました。







rompoさん家で3年間過ごし
去年の8月に里親様の元へ行ったから
外での生活はないに等しい。



きっと、怖くてどこかにうずくまっているんじゃないかと
思うと胸が痛い・・・・






17040201.jpg
17040202.jpg



朱雀ちゃん
みんな待っているから
早く帰っておいで






スポンサーサイト
その他 | 21:10:13 | コメント(0)

FC2Ad